Pocket

2017年WBCのプエルトリコ代表メジャーリーガーまとめをご紹介致します。

2013年大会では、日本が準決勝(1−3)で敗北を喫したことが記憶に新しいところですが、今年もプエルトリコはメジャーリーガーを揃え参戦しています。

前回大会ではドミニカ共和国に2敗(予選と本戦決勝)してしまいましたが、結果準優勝という見事な成績をおさめました。

そんな優勝候補の筆頭でもあるプエルトリコ代表をまとめます。

 

2017年WBCの各種情報はコチラをご覧ください。

各国代表のメンバー詳細・紹介とまとめ

 

2017年WBCの組み合わせ・日程及び放送予定のまとめ

 

 

プエルトリコ代表の概要

プエルトリコと言えば思い出されるのはやはり2013年WBC前回大会の日本戦でしょう。

日本が3連覇を目指した準決勝で対戦し、驚異の打力を要して3−1で勝利し見事準優勝に輝きました。

有名メジャーリーガーも多数招集しており、今大会も優勝候補に名乗りを挙げています。

 

近年の国際大会のまとめ

それでは近年の国際大会のまとめを見てみましょう。

アマチュアや学生大会は除き、あくまでもプロ参加の大会をまとめてみました。

 

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

第一回大会 2006年 2次リーグ敗退

第二回大会 2009年 2次ラウンド敗退

第三回大会 2013年 準優勝

 

オリンピック

バルセロナ 1992年 5位

アトランタ 1996年 予選敗退

シドニー  2000年 予選敗退

アテネ   2004年 予選敗退

 

WBSCプレミア21

第一回大会 2015年 ベスト8

 

2017年WBC代表選手まとめ

それではここから代表選手のまとめに入ります。

有名メジャーリーガーやMLBを代表する選手も多数在籍するのでチェックしてみてください。

 

※ 選手の追加発表があった場合はドンドン更新していきます。

 

投手

 

 

内野手

ヤディアー・モリーナ

セントルイス・カージナルス所属の34歳の捕手。

2016年は打率.307本塁打8本58打点リーグ2位の38二塁打を記録しているメジャーを代表する捕手の一人である。

特に守備面は肩やキャッチング、リード面を含めMLBでもトップ3に入ると言われている。(盗塁阻止率はデビューから平均43%を超える

また3兄弟の末っ子であり、3人全員メジャーリーガー選手でもある。

兄弟3人全員2つずつチャンピオンリングを手にした(計6個)としてギネス記録にも認定されている。

 

フランシスコ・リンドーア

クリーブランド・インディアンス所属の23歳の遊撃手。

2016年は打率.301本塁打15本78打点182安打19盗塁を記録しているオールマイティープレーヤーである。

メジャーデビュー2年目で、2年連続で打率.300越え二桁本塁打二桁盗塁を達成しており、今後非常に大注目な選手である。

自チームでは3番を打つなど打力もさることながら、守備面が非常に優秀で、プラチナ・ゴールド・グラブ賞ゴールドグラブ賞も獲得している程である。

 

カルロス・コレア

ヒューストン・アストロズ所属の22歳の遊撃手。

2016年は打率.274本塁打20本96打点13盗塁という成績を残しているメジャーデビュー2年目の期待の星である。

デビュー1年目は99試合出場ながら22本塁打68打点14盗塁と結果を残し、前述したフランシスコ・リンドーアに競り勝ち新人王を獲得した。

守備面はリンドーアに多少劣るものの、魅せるプレーには定評があり、MLBザベストプレーには頻繁に登場している。

プエルトリコ出身史上初のMLBドラフト全体1位で入団している。

 

外野手

カルロス・ベルトラン

ヒューストン・アストロズ所属の39歳の外野手。

2016年は打率.295本塁打29本93打点長打率.513を記録しているMLBを代表する5ツールプレイヤーである。

自身の各最高成績は41本塁打116打点42盗塁打率.325と最高の成績を残していてもタイトルは獲得していないため「無冠の帝王」とも呼ばれている。

しかし、スイッチヒッターとしてはMLB史上初の300-300クラブ入りを果たしている。

300-300クラブとは、300本塁打以上300盗塁以上を記録した選手の集団である。MLBの長い歴史の中でも達成者はわずか8人だけ。

 

アレックス・リオス

現在はフリーエージェント中の35歳の外野手。

2012年は打率.304本塁打25本91打点23盗塁という成績を残している。

近年は良い成績を残してはいないが、オールスターにも2度選出されており、2013年にはサイクルヒットも記録している。

2013年WBCでは日本戦の準決勝で阪神タイガースの能見篤史から本塁打を放ちチームを決勝に導いている。

 

最後に

プエルトリコはドミニカ共和国やベネズエラに比べ、第一線で活躍するメジャーリーガーの数こそ劣るものの、質も申し分なく、その他選手たちもAAやAAAでプレーしている選手ばかりなのでやはり侮れないチームです。

前回は日本も敗戦を喫しているので、やはり優勝候補の一つには上がってくるのではないでしょうか。

 

プエルトリコはプールDに属し、メキシコ、ベネズエラ、イタリアと対戦します。

Pocket