Pocket

 

2017年WBCのアメリカ代表に選出された全メジャーリーガーたちをご紹介していきます。

過去最高のメンバーが揃い、ドリームチームと言われていますが本当に凄いメンバーが続々名乗りを挙げており、間違いなく過去最強のチームになっていると思います。

 

2017年WBCの各チームのメンバー詳細はコチラ

 

2017年WBC日程や組み合わせ、放送予定はコチラ

 

アメリカ代表概要

アメリカ代表はだいたい毎大会で優勝候補と言われていましたが、近年の国際大会では成績がふるわず、WBCの最高成績は第二回大会のベスト4が最高という結果になっています。

過去の大会はメジャーリーガーたちがあまり参戦しておらず苦戦を強いられていましたが、大会を重ねるごとに続々と有名なメジャーリーガーたちがメンバーに加わってきています。

 

近年の国際大会の概要まとめ

それでは近年の有名国際大会のまとめをみてみましょう!

アマチュアや学生大会は除き、あくまでもプロ参加の大会をまとめてみました。

 

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

  • 第一回大会  2006年  第2ラウンド敗退
  • 第二回大会  2009年  ベスト4
  • 第三回大会  2013年  第2ランド敗退

 

オリンピック

  • バルセロナ  1992年  4位
  • アトランタ  1996年  銅メダル(3位)
  • シドニー   2000年  金メダル(1位)
  • アテネ    2004年  予選敗退
  • 北京     2008年  銅メダル(3位)

 

WBSCプレミア21

  • 第一回大会  2015年  銀メダル(2位)

 

2017年WBC代表選手まとめ

それではここから選手たちのまとめに入ります。

超有名な選手がたくさんいますのでまさにドリームチームのようなチームになっています。

※ 選手の追加発表があった場合はどんどん更新していきます!

 

投手

ソニー・グレイ

オークランド・アスレチックス所属の27歳で先発右腕。

アスレチックスのエースピッチャーです。

2014年に月間MVPを受賞し、2015年にはオールスターにも初出場しています。

2014、2015年ともに14勝を上げている

また、2009年と2010年に大学生チームのアメリカ代表にも出場していました。

 

ジェイク・マギー

コロラド・ロッキーズ所属の30歳で中継ぎ左腕。

2012年からは4年連続2桁ホールドを記録し、2015年は抑えも務め15セーブをマークしました。

 

クレイトン・カーショウ

ロサンゼルス・ドジャース所属の29歳の先発左腕。

2011年には最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振の投手三冠を獲得。

2014年はシーズンMVPに輝き、通算3度もサイ・ヤング賞を受賞している現役最強投手と呼ばれています。

特に凄いのが被安打率で、2016年終了時までの9イニングあたりの被安打率は6.62という大リーグ歴代で史上2位の成績である。

 

デビット・プライス

ボストン・レッドソックス所属の31歳の先発左腕。

2012年には最多勝、最優秀防御率、サイ・ヤング賞を受賞している。

その他、2014年は最多奪三振、2015年も最優秀防御率を獲得しており、オールスターにも5度選出されているカーショウと並びメジャーを代表する左腕です。

 

アンドリュー・ミラー

クリーブランド・インディアンス所属の31歳の中継ぎ左腕。

ブレークした2013年から現在まで(364イニング)の平均防御率は驚異の1.85であり、メジャーでもトップクラスのリリーフ左腕として有名なピッチャーです。

2016年のWHIPは0.67を記録し、その地位を確固たるものにしています。

 

内野手

ノーラン・アレナド

コロラド・ロッキーズ所属の25歳の三塁手。

2015、2016年に本塁打王、打点王、シルバースラッガー賞を受賞している、メジャーでもトップクラスの打者。

2016年成績は打率.294、本塁打41本、打点133の驚異の数字を叩き出した。

また、守備の面もゴールドグラブ賞を4年連続受賞し、ロッキーズの監督が、「今まで見た三塁手の中で、間違いなく一番うまい!」と発言している程抜群の守備力を誇っている。

 

バスター・ポージー

サンフランシスコ・ジャイアンツ所属の30歳の捕手。

2012年に打率.336、本塁打24本、打点103を叩きだし、MVP、首位打者、シルバースラッガー賞を受賞している。

その他ゴールドグラブ賞、新人王、シルバースラッガー賞3回など数々のタイトルを獲得しているメジャーでもトップクラスの捕手である。

盗塁阻止率通算30%以上、通算打率.307でもある。

 

ポール・ゴールドシュミット

アリゾナ・ダイヤモンドバックス所属の29歳の一塁手。

2013年に打率.302、本塁打36本、打点125本塁打王、打点王の2冠に輝いている。

守備面もゴールドグラブ賞を2度受賞するなど評価も高い。

そして何より一塁手として盗塁数が多いのが特徴で、16年は32個の盗塁を決めている。選球眼もリーグNo.1と言われている。

 

ダニエル・マーフィー

ワシントン・ナショナルズ所属の31歳の二塁手。(代表ではDHと言われている)

2016年は打率.347、本塁打25本、打点104と驚異の数字を残し、打率は惜しくも1厘差で2位となったが、47二塁打、長打率.595、OPS.985といずれもリーグトップの成績を残した。

オールスター出場2回、シルバースラッガー賞も受賞している。

 

イアン・キンズラー

デトロイト・タイガース所属の34歳の二塁手。

2016年は打率.288、本塁打28本、打点83の成績を残し、この年に11年連続二桁盗塁を達成。また、通算200本塁打と200盗塁を同シーズン中に達成した。

その他守備率は.988を記録し、守備範囲もリーグNo.1をはじき出しておりメジャーでも屈指の二塁手と言われている。

オールスター3回、ゴールドグラブ賞1回、同一シーズン30本塁打30盗塁を2回達成している。

 

エリック・ホズマー

 

カンザスシティ・ロイヤルズ所属の27歳の一塁手。

2016年は打率.266、本塁打25本、打点104という成績で、オールスターではMVPを受賞している。

2015年は154試合出場し4失策で守備率.997という成績であり、1261刺殺と101捕殺は一塁手としてリーグトップの成績を残した。

3年連続ゴールドグラブ賞受賞中!

 

外野手

ジャンカルロ・スタントン

マイアミ・マーリンズ所属の27歳の外野手。

2014年に打率.288、本塁打37本、打点105という成績を残し、本塁打王とシルバースラッガー賞を獲得した。

その後、マーリンズと北米プロスポーツ史上最高額となる総額3億2500万ドル+出来高の13年契約で話題になった。

2016年オールスターのホームランダービーで、ダービー記録41本を大きく上回る61本を放ち歴代最多記録を更新した。

2015年は負傷により、74試合しか出場していないが、27本塁打,67打点を記録している。

 

クリスチャン・イエリッチ

マイアミ・マーリンズ所属の25歳の外野手。

2016年は打率.298、本塁打21本、打点98という成績を残し、シルバースラッガー賞を獲得した。

盗塁も4年間で通算56本で平均二桁を超えており、守備面も守備率.985という一流選手である。

母方の祖父が日本人で日系三世である。

 

アダム・ジョーンズ

ボルチモア・オリオールズ所属の31歳の外野手。

2013年に打率.285、本塁打33本、打点108を記録し、シルバースラッガー賞を獲得している。

守備に定評があり、2015年は守備率.991を記録しリーグ2位の13捕殺を残してゴールドグラブ賞を4度獲得している。

2016年に通算200本塁打を達成しているメジャー屈指の強打者でもある。

 

アンドリュー・マカッチェン

ピッツバーグ・パイレーツ所属の30歳の外野手。

2012年は打率.327、本塁打31本、打点96、20盗塁を叩き出し、最多安打、シルバースラッガー賞を獲得している。

打撃成績が安定して、毎年打率.300前後、20本塁打以上、二桁盗塁をデビュー以来続けており、出塁率も通算.400近い。

ナ・リーグMVP、オールスター5回、ゴールドグラブ賞、シルバースラッガー賞4回と数々のタイトルを獲得しているメジャーを代表する外野手である。

 

最後に

いかがでしたか?

現時点でも凄いメンバーが揃っていますね。

他にもマックス・シャーザー選手という投手が代表入りを表明していましたが、故障のため辞退しています。

マックス・シャーザー投手はメジャーリーグでもトップ3に入るピッチャーだったので楽しみだったのですが仕方ありませんね。

おそらくまだ発表は続くと見られていますので、分かり次第ドンドンアップしていきます。

 

Pocket