Pocket

おすすめのグローブ選びと購入方法、注意点をご紹介します。

野球を始めるときや、軟式野球から硬式野球に変わるとき、ポジション変更になったときなど野球をやるなら必ず購入するものが「グローブ」です。

サイズやメーカーや色、形など同じポジション用でも様々な種類のグローブがあります。

そんなときに参考にして頂ければと思います。

グローブについてはコチラから

 

オススメの硬式用グローブはコチラから

 

 

グラブ選び

「グローブを買おう!」と思ってスポーツ用品店に行き「どれにしよう…」と悩んだことのある人がほとんどだと思います。

大概の人は見た目やメーカーなどのカッコ良さで選ぶでしょう。

もちろん、見た目も大事ですし自分の好みで選んでも全く問題はありませんが、グラブを購入する際は他にも見なければならないところや注意点があります。

 

とくにグラブのサイズは重要になってきます。

高校生はまだいいですが、小学生や中学生は手の大きさなど成長することも視野に入れて、グラブサイズがSS,S,M,L,LL表記のものや7,8,9,10,11,12,13の数字表記のものから選びましょう。

それでは各年代別に解説していきます。

 

野球を始める子〜小学6年生

「これから野球を始めます」という子と「一部の小学生」はオールラウンド用をオススメします。

どこを守るかのポジション決めは基本的に(小学生に限らず高校生でも)選手の希望ではなく、ほとんどがチーム事情であったりで監督さんなどの首脳陣が決めることです。

とくに小学生はチームの部員が少なかったりすると、高学年でも色々なポジションを守る機会が出てくる子もいるでしょう。

完全にポジションが決まっている場合を除いて、各ポジションに特化したグラブではなく、ある程度のポジションをこなす事のできるオールラウンド用をオススメします。

小学生ならグラブサイズはM以下を推奨します。

何故なら大きいグラブより小さいグラブの方が絶対良いからです。(小さい、大きいはグラブの大きさではなく、手を入れるところのサイズ)

手を入れたときに大きいと、中で指が遊んでしまいボールを掴むという感覚が分かりにくかったり、非常に捕りづらいです。

スポーツ用品店に行き色々なサイズや種類のグラブをはめてみると良いと思います。

 

中学生軟式と中学生硬式

小学生から軟式をしていて中学生でも同じ軟式をするならそのままのグラブで良いでしょう。(硬式から硬式も同じ。)

悩みどころなのは例えば、小学生は軟式をしていたけど、中学生になったら硬式をしますというボールが変わる子だと思います。

 

よく軟式から硬式に変わるからグラブも変えなきゃとスグに購入する人が多いですが、正直もったいないです…

何故かというと、硬式グラブは軟式に比べて値段が遥かに高いですし、購入したグラブのポジションを守るかどうかは確約されていません。

小学生のときから使っていたグラブの状態にもよりますが、中学生になって半年〜1年間は軟式用でも十分です。

硬式ボールの大会で軟式用のグラブを使ってはいけないというルールはありませんし、仮に別のポジションになったときにも対応できます。

そして硬式野球では同じグラブは2年ともたないでしょう。

硬式ボールは硬いですし、中学生は成長期ですから身長や手の大きさが急激に変化するときでもあります。

親御さんの出費を少しでも減らすためには、できるだけ今あるグラブを長く使い続けることだと思います。

 

高校生〜

高校生も同じで軟式から硬式に変わる場合は、半年〜1年間は軟式グラブで十分です。

ある程度の高校に行けば1年生はまず体力作りからスタートするので、入学後最初の方はグラブを使う時間は正直あまりありません。(これは行く高校によります!)

高校生になってくるとポジションというのはほぼ固まりつつあるので、ここはしっかりと各ポジションごとのグラブを準備しなければなりません。

高校野球生活2年半の間にピッチャーなら約2つその他野手なら2つ〜3つはグラブを使用することになると思います。(痛むのが早いため)

 

オススメの使い方は、新しいグラブを購入した場合は、新しいグラブを試合用古いグラブを練習用と分けて使用することです。

しっかり手入れをしていれば紐が切れても捕球面が破れても修理は出来るので長く使い続けることができます。

 

グラブ購入の注意点

グラブ購入の際の注意点があります。

それは、

 

大手スポーツ量販店での購入はオススメできない!

 

ということです。(小学生やこれから野球を始める子供は別!)

その理由が4つあるので一つずつご紹介します。

 

一つ目は、量販店に展示してあるグラブは「多くの他のお客さん達が何回も手にはめている」から!

色々な人が手にしているので、変なクセがついていたり変な型が付いてしまっていたり良い点が全くありません。(強いて良い点を挙げるなら色々な人が手にしているため少し柔らかいことくらい。)

 

二つ目は、量販店のグラブは基本的に値段が高い

ネットでの商品と比べてもらえれば分かるかと思いますが、値段の大きいものならネットは店舗の半額以下で買えたりもします。

 

三つ目は、グラブの種類やメーカーの種類などの数が少ない

やはりどうしても店舗になると置いてある在庫には限りがありますし、仕入れられるグラブも一般的なものに偏ってしまい、だいたいどこの店舗に行っても同じようなグラブになるかと思います。

 

四つ目は、野球やグラブに精通したスタッフがいない

大手量販店には専門の精通したスタッフがほとんどいません。

働いている人はほとんどパートやアルバイトなので詳しい事を質問しても応えられる人はほとんどいないでしょう。(店舗によります!)

売れ筋商品の情報しか期待できず、野球人としてのアドバイスはほとんど期待できません。

 

以上のことから量販店での購入は絶対にオススメしません。

ちなみに上記の理由から筆者も、量販店で購入したことは1回もありません!!(小学生のときはあります。)

 

強くオススメするグラブ購入方法

筆者がオススメするグラブの購入の方法は、野球に特化したスポーツ店か、ネットでの購入です。

 

野球に特化したスポーツ店なら、野球やグラブの知識のあるスタッフが在籍しているでしょうことからオススメします。

お店に置いてなくても、メーカーに問い合わせてくれたり、詳しい情報を教えてくれたりと融通の面も非常に優れています。

 

ネットの購入は、今は便利なご時世ですからネットの方が種類も豊富で格安であり、お店の方に電話やメールでの相談も可能です。

野球専門店の優秀なスタッフが在籍している全国的に有名な店舗はほとんどがネットでの販売を取り扱っています。

お住いの近くのスポーツ店に行き、実際にグラブをはめてみて、それからネットで詳しく質問しネットで購入するという方法が一番良いし、一番安いし、まず間違いがありません!

 

とくに地方の方はネットは怖いと思われている人も多いようですが、野球用品の流通も今や半分以上がネットの時代です!

どうせ購入するグラブならしっかりとしたお店でしっかりとしたグラブをしっかりとしたスタッフの元で購入することを強くオススメします!

 

最後に

いかがでしたか?

意外に知らないことなどもたくさんあったかと思います。

グラブ選びは非常に重要になってきますので、自分に合った、自分が納得できるグラブを慎重に選び、技術を磨いていってください。

手入れも忘れずに、長く使っていきましょう。

 

Pocket