Pocket

こちらでは、牽制の練習法とボークの解説をしていきます。

別記事でのクイックモーションで解説しましたが、盗塁は「ほとんどピッチャーの責任」になります。

その盗塁を阻止するためにはクイックの他に、「牽制」という非常に重要な手段があるため是非ご覧ください。

 

 

 ピッチングフォーム編〜をご覧になっていない方は先にコチラをお読みください。

 

ピッチング実践編〜 はこちらから

 

 その他ピッチングの前に、ボールの握りや基本的なスローイングについての記事をご覧になっていない方はコチラからどうぞ。

 

 

※ 記事の中は右投げを例として解説しているため、左投げの人は足の向きなど逆にならないように注意してごらんください。

 

 

牽制の重要性

 

別記事のクイックの重要性と注意点でも解説した通り小学生にはクイックは必要ありませんが、牽制は非常に重要になってきます。

牽制をすることにより、盗塁のスタートを遅らせることもでき盗塁自体をさせにくくすることも可能で、しかも場合によってはランナーをアウトにすることもできるわけです。

クイックができなくても牽制さえ上手なら簡単に走られることはほとんどないでしょう。

 

牽制をするのは何も「ランナーをアウトにしたいから!」という理由だけではなく、「間を取りたい」「盗塁やゲッツー狙い時のスタートを遅らせたい」など様々な事柄で非常に役に立ちます。

小学生に限らずピッチャーというのは投げるだけではなく、この「投げないときの投球術」という項目も重要になってくるので是非覚えるようにしましょう。

 

牽制を覚える前にボークを知る

まず牽制を知る・覚えるためには、ボークを知る必要があります。

プレートの外し方やセットポジションでの体の動きなど、ボークに繋がるであろう事柄を把握して、指導者の方は教えていかなければなりません。

 

牽制というのは、大きく分けて2種類に分けられます。

  • プレートを外す牽制
  • プレートを外さない牽制

このうち「プレートを外す牽制」のみ 偽投(投げるフリ)が認められていますが、それ以外は全てボークです。

※ 二塁牽制の一種類のみプレートを外さなくても偽投牽制が可能!

 

投げるときだけではなく、セットポジション時もボークの注意が必要です。

セットで構えているいるときは投げる動作以外で首から下の動きはボークになってしまいます。

肩がピクっとなってしまったり、グローブが動いてしまったりなど小学生にはよく見られる行動なので、注意しましょう。

 

右の三塁牽制、左の一塁牽制

左ピッチャーの一塁牽制と右ピッチャーの三塁牽制は要領は同じですが、このときは足を上げるときの角度(膝)に注意しなければなりません。

足を上げるとき、軸足に上げた足がかかって(クロスして)牽制するとボークになってしまうため、真っ直ぐ投げる方向に足を上げなければいけません。

 

その他にも、牽制するときの踏み出す足の角度が重要になってきます。

特に左ピッチャーだと思いますが、踏み出す足の位置の角度が真っ直ぐ〜40度以内にした方がいいかと思います。

正確に40度という角度が決められているわけではありませんが、あまり足を広げて牽制してしまうと注意なりボークを取られる可能性もあるため、基本的にはあまり広げず、真っ直ぐに近い位置で踏み出すことをオススメします。

 

二塁牽制

一塁牽制は基本的にファーストがベースについているためピッチャーのタイミングでいつでも牽制できますが、二塁牽制はセカンドやショートがベースに入るタイミングを確認するなりサインを出すなりしてからでないと牽制できません。

牽制のサインは各チームによって決まっているでしょうから、ここでは省きますが、ピッチャーとサインを出す選手は息を合わせる練習を常日頃からしっかりやっておかなければなりません。

 

前述でも述べましたが、二塁牽制は唯一、偽投牽制が認められています。

偽投牽制とは投げなくてもいいわけですから、ボークになる確率や暴投してしまう確率が非常に低いためとてもオススメです。

一つだけ注意点があります。

それは、二塁牽制をするときは、「足を上げる膝をしっかり二塁方向に上げないとボークをとられてしまう」ということです。

これだけはしっかり練習しておきましょう!

 

小学生のチームを見ていると、足が上がった瞬間にスタートをきっていたり、第二リードをとっている子供たちをよく見かけます。

おそらくそういう指導をされている指導者が多いいのだと思いますが、これこそアウトにする絶好のチャンスなので、指導者の方がベンチからサインを送るなり、攻守交代のときやタイムを取ったときなどに伝達しておけば必ずランナーは引っかかります。

そういうことも想定して日頃の練習のときから取り組んでいきましょう。

 

牽制時の注意点

前述で述べましたが、まずボークを知ることから始め、動きを知らなければなりません。

そして、子供たちに徹底してやらせていただきたいことがあります!

それは、プレートを外して投げない場合のボールを持つ手の位置です。

プレートを外して顔はランナーの方を見て、ボールを持つ手を腰に移動させる子をよく見かけますが、もしランナーが飛び出していたり逆をつかれてしまったときに腰の位置にボールがあると素早く投げることができません。

例え投げないときであっても、ボールを持つ手の位置は必ず「トップの位置」でなければなりません。(トップの位置とは頭の後ろ)

そうすることによって、素早く投げる動作に移れるので是非そのように指導してあげてください。

 

牽制を使った投球術

最初の方にも書きましたが、牽制というのは「アウトにするのが目的」だけではなく、ただ「プレートを外すだけ」でも立派な牽制になります。

 

ランナーというのは、ピッチャーの投球のテンポやタイミングや秒数を常に見て測っています。そのテンポを1秒や2秒ズラすだけで盗塁というのは簡単には出来なくなってしまうのです。

とくに連打されてしまったり、フォアボールが続いてしまったりしたときこそ、このテンポを少しズラしてやることが重要になってきます。

 

不思議なもので、打たれるテンポで投げ続けると打たれるし、ストライクの入らないテンポで投げていると入らないものなのです。

 

バッター心理としても、この「間」を取られることは非常にやっかいなことですから、自分が追い込まれてしまったときこそ、プレートを外してみたり、セットポジションを長めにとってみたりと工夫してください。

その辺りも指導者の方がタイムを取るなり、サインを決めていてもいいと思います。

小学生でこの「間」を自在に出来るようになれば本当に大した選手です!

 

まとめ

牽制の重要性が理解して頂けたでしょうか?

一言で牽制と言っても、様々なやり方や目的があり、相手チームに与える脅威は非常に大きなものになってきます。

小学生のうちからしっかり意識して練習しておけば、高校生くらいになったときには素晴らしい投手になっていることでしょう。

練習のやり方もランナーを想定して、例えば1,2塁や満塁などのケースの牽制なども取り入れていかなければなりません。

指導者の方はしっかり意識を持たせることを重視した教え方をお願いいたします。

 

Pocket