Pocket

ピッチングの実践編、配球と構えを解説していきます。

内容は小学生の配球、セットポジション,ワインドアップについてです。

 

ピッチング -フォーム編-をご覧になっていない方は先にコチラをお読みください。

 

ピッチング 〜コントロール編〜はコチラ

 

 その他ピッチングの前に、ボールの握りや基本的なスローイングについての記事をご覧になっていない方はコチラからどうぞ。

 

 

※ 記事の中は右投げを例として解説しているため、左投げの人は足の向きなど逆にならないように注意してごらんください。

 

 

 小学生の配球

プロ野球や高校野球と同じように、小学生でも配球の組み立てが可能です。

とは言っても、小学生は変化球が投げられませんから「ストレート」「スローボール」の2種類で配球を組み立てなければなりません。

他にも、コースや高低への投げ分けでの配球もありますが、小学生でできる子供はほとんどいないでしょう。(投げられれば配球の幅はかなり広がりますし、投げられるに越したことはありません。)

いつでも投げられるド真ん中アウトコースの低めにさえ投げられれば本当に素晴らしいピッチャーだと思います。

 

コントロール編でも解説しましたが、小学生はド真ん中に投げるだけで十分なので、それを磨き、スローボールを習得すれば、中々打たれることはないかもしれません。

 

オススメしたいスローボールの投げ方

筆者が小学生の試合で見るスローボールは、ほぼ全員「腕を緩めて」投げていました。

それもスローボールなのですが、全国大会あたりに行くと、打者もレベルが上がりますので、空振りはなかなか取れない上に格好の餌食になってしまいます。

やはり腕の振りが緩いので打者も対応できてしまうんです。

そこで腕の振りを変えずにスピードを落とすための「握り」を習得してみてはいかがでしょうか。

2種類ご紹介します。

画像1    画像2

  • 画像1はストレートの握りから、人差し指と中指の間隔を広げただけです。この握りにより投げるときに指に掛かりにくく、抜けたような感じになるので、球威が落ちます。
  • 画像2は低学年の子たちがしっかりボールを握るための握りとして別記事でも紹介した握りになります。普段の握りから、薬指をプラスするだけなので難しくはないと思います。

 

上記どちらでもストレート回転で投げれる握りなので、変化球ではありません。

 

 

注意点

変化球ではないと解説しましたが、子供たちの腕の振りやフォームで、審判にチェンジアップと認識される可能性もあります。

いきなり試合で使うのではなく、練習のときから指導者の方がしっかり指導してあげてください。

そして、当たり前ですが、投げるときはストレートと同じようにしっかり腕を振って加減せずに投げるようにしましょう。

 

 

セットポジションとワインドアップはどちらがいい?

セットポジションとワインドアップはどちらがいいと思いますか?

結論から言うと、答えは「どちらでもいい」です。

小学生だからこうしなさい!や高校生だからこうしよう!というのはありません。

実際プロ野球選手でも「自分の投げやすいように」投げていると思います。

それでは、セットポジションとワインドアップの解説をします。

 

セットポジション

※ 画像は侍JAPANにも選ばれた東北楽天ゴールデンイーグルスの松井投手

 

セットポジションは全体的にコントロールが良くなりやすいという傾向があり、反対に球速が多少落ちる傾向があります。

他にも、小学生は足腰や下半身の筋肉がまだ出来上がってない分バランスをしっかり取って投げることができます。

多少球威が落ちるというデメリットはありますが、小学生はセットポジションから投げるのはオススメですね。

別記事でも解説しますが、クイックでの投球術も可能になります。

 

セットポジションの注意点

セットポジションにも注意点があります。

それは、構えた後、足を上げる際のグローブの動きです。

セットポジションの構えのときグローブの位置は、胸の前ヘソの前で静止する子が多いと思います。(※ 構えのグローブの位置はどこでもいいです!)

例えば、胸の前に構えている子が、足を上げる前後にお腹の位置まで下げてしまったり、ヘソの前に構えている子が、足を上げる前後に胸の位置まで上げてしまったりする子が非常に多いのです。

何故それがダメなのかというと、そのグローブの動きが無駄な時間になってしまいランナーがいればクセを盗まれ盗塁を簡単に許してしまうのです。

ちなみに筆者も小学生の頃は足を上げる前にグローブから動かしていたのを覚えています。

セットポジションでの構えの位置からグローブを上げ下げするのではなく、そのままの位置から投げるように指導してあげてください。

これはクセになっているので、早めに直してあげることをオススメします。

 

ワインドアップ

※ 2013年WBC日本代表(侍JAPAN)の阪神タイガース能見投手

 

ワインドアップは全体的に球威が上がりやすく、コントロールがバラつきやすいという傾向があります。

構えの段階で大きく腕を振りかぶり、その勢いで足を高く上げれるため、ヒップファースト時(体重移動時)に体重が乗りやすくなり球威を高めることができます。

 

ワインドアップの注意点

セットポジションは軸足を最初からプレートに掛けて投げることができますが、ワインドアップは足を上げる前にプレートに足を掛けて投げなければなりません。

そのため、セットポジションに比べてバランスが取れづらいという傾向があります。

とくに小学生の場合は下半身が出来上がってないので、足を上げる際、勢いをつけるとフラついてしまうという可能性も出てきます。

 

ノーワインドアップ

※ 2017年WBC日本代表(侍JAPAN)の日本ハム大谷投手

 

上記の注意点を多少は軽減できるノーワインドアップという投げ方もあります。

主にメジャーリーグの投手が多いですが、日本でも大谷翔平選手を始め多くの選手が取り入れてきています。

ノーワインドアップであれば最初から足をプレートに掛けて投げることもできるためバランスも取りやすく、足を上げる際の勢いもつけられます。

 

小学生ならワインドアップよりはコチラをオススメいたします。

 

最後に

小学生の配球とセットポジション,ワインドアップについて解説いたしました。

どちらも、上のレベルになって苦労しないために身につけておいて間違いないものですので、練習で取り入れて指導されてみてください。

次はピッチングの実践編、クイックと牽制について解説します。

是非ご覧ください!!

Pocket