Pocket

ピッチング-フォーム編-Part.1に続きまして、Part.2です。

まだPart.1をご覧になっていない方はコチラの記事を先にお読みください。

その他ピッチングの前にボールの投げかたや基本的なフォーム等をご覧になっていない方はコチラからどうぞ。

 

基本の内容をしっかり覚え、反復して何回も何回も練習することでやっと身につくものなので、指導者の方や保護者の方は諦めずしっかり指導しましょう。

 記事の内容は基本的に「右投げ」を前提として解説していますので、左投げの場合は指導の際、足の向き等にご注意ください。

 

 

プレートの使い方

これはよく質問される問題なのですが、プレートのどこを踏めばいいのかを解説していきます。

絶対にしてはいけないこと

それは「プレートに全く触らず投球動作に入ること」です。

これは野球規則でも決められており、セットポジションであっても、ワインドアップであっても必ず軸足がプレートに触れていなければなりません。

 

どこを踏んで投げる?-前後編-

まずプレートには簡単に分けて、左(一塁側)、右(三塁側)、真ん中、前(ホーム側)、後ろ(二塁側)の5種類のパターンがあります。

上記でも説明しましたが、プレートに触れていればどこから投げてもとくに問題はありません。

前後のパターンの場合、

前  

というどちらかのスタイルでプレートを踏むことになります。

先に結論を言うと、小学生の場合は前の方を踏むことをオススメします。

プレートの前を踏む

前の方を踏むというのはプレートに直接足を乗せず、スパイクの側面(右側)がプレートに触れるようにします。

メリットとしては、しっかり地面に直接立てるので、膝を上げた状態でもバランスが取りやすいこと。

デメリットとしては、プレートに触れている部分がスパイクの側面だけですのでプレートの恩恵(蹴る)は全く受けられません。

プレートの後ろを踏む

後ろというのは画像を見てもらえれば分かりやすいですが、スパイクの約半分がプレートに乗っています。金具製のスパイクであればプレートの端っこに金具を掛けて、投げる際にプレートを蹴るという効果を発揮できます。

筆者は後ろに掛けて投げていましたし、プロ野球選手で言えば、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太選手、オリックスバファロースの金子千尋選手もプレートに掛けて投げています。

後ろに掛ける最大の利点として、「体重移動」が非常にやりやすいことが上げられます。

スパイクの右半分くらいしかプレートに乗っていないので、膝を高く上げたときに勝手に重心がホーム寄りに流れていくので体重移動がやりやすいのです。

しかし、デメリットもあります。

それはやはりバランスが取れにくいこと!

正直慣れれば何ていうことはないんですが、最初はとにかく投げにくいです。

膝を上げたときにバランスが悪くなり、下手すれば投げる前にフラついてしまうこともあります。

とくに小学生は下半身の筋力もできていませんし、フラつく可能性がかなり高いため、プレートは前のほうで十分だと思います。

筆者は高校生のときからプレートに掛けて投げるように変えましたが、ある程度足腰のできた中学生ならチャレンジしてみてもいいと思います。

 

どこを踏んで投げる?-左右編-

続いて左右編になります。

これも特別どちら側から投げた方がいいというのもありません。

  

ただ、小学生なら真ん中からで良いのではないでしょうか。

プロ野球選手には様々なところから投げる選手がいますが、選手みな変化球やピッチングスタイルに合わせてプレートを踏んでいるため小学生の参考にはならないでしょう。

ここで少しプレートの歴史を見てみましょう。

昔は右ピッチャーなら右端を踏む、左ピッチャーなら左端を踏むという固定観念がありました。その理由が「角度をつけるため」という理由であり、要は「クロスファイア」と呼ばれるボールを投げるのが一般的でした。

打者にとって、ボールゾーン(背中側)からストライクゾーンに入ってくるため打ちにくいという発想があったのです。

しかしアメリカのメジャーリーグではストレートの様な変化球(ツーシームやカットボール)が主流になっており、ストレートに見せかけた変化球を振らさなければいけないという考えがありました。

ストレートの様な変化球ですから、ボールゾーンから投げていては打者は振ってくれない為、ストライクゾーンから投げるために右投げは左端、左投げは右端から投げているのです。

昔の日本とは真逆の考えですね。

それが日本にも浸透しており、現に日本でもツーシームやカットボールを投げるピッチャーがほとんどになりました。そのため各ピッチャーの持つ変化球や投球スタイルで踏むプレートの位置が違うのです。

ちなみに、ニューヨーク・ヤンキースの田中将大選手、ドジャースの前田健太選手はツーシームを放るので左端(一塁側)から投げています。

小学生の場合は変化球はありませんので、真ん中から投げるようにしましょう。

 

注意点

たまにちょっと知識のある指導者の方が、プロ野球選手のマネで理由も知らず「一塁側から投げろ」や、右投げの子供がよくボールが抜けることがあるから「一塁側から投げろ」という人がおられます。

はっきり言って何の意味もありません。

試合のときの緊急な対策としてなら素晴らしい方法だと思います!

しかし、ボールが抜けることが多いからという理由だけで一塁側から投げる練習をする暇があるなら、子供たちに「ボールが抜けない練習」をさせた方がよっぽど子供たちの将来のためになります。

そういった意味も含めて、真ん中から投げることをオススメします。

 

最後に

プレートに関しては少し長めにご紹介しました。

このプレートの踏む位置についてのご質問が非常に多く、注意点でも述べた「意味のない指導」をされているのをたくさん見てきたのでしっかり知っていただきたいという思いから長めに記載しました。

 

次回はPart.3です。

体重移動の際のステップ幅についてや踏み出す足の膝の注意点などフォームの重要部分を解説していきます。

是非ごらんください。

Part.3記事はコチラから

Pocket