Pocket

こちらの記事ではレベルスイングとフォロースルーの解説をします。

インサイドアウトの解説記事でも言いましたが、スイングで重要なのは、

  • インサイドアウト
  • レベルスイング
  • フォロースルー

3つです。

全て身につけて初めて「キレイなスイング」と言われるようになり、バッティングでも成果を発揮しやすくなります。

日頃の練習からしっかり意識してできるようにしましょう!

 

 

バッティングの前の基本をご覧になっていない方はコチラからお読みください。

 

バッティング〜フォーム編〜はコチラ

 

 

レベルスイングの重要性

スイングには大きく分けて3種類あります。

  • ダウンスイング(上から下に振るスイング)
  • レベルスイング(地面と平行に振るスイング)
  • アッパースイング(下から上に振るスイング)

この中でもレベルスイングが大事である!というのは野球をやってきた人なら誰でも聞いたことがあるだろうし、誰でも知っていることだと思います。

でも本当に大事なのか?と思われている方も結構多いのではないでしょうか。

レベルスイングは本当に大事なんです!!

 

プロ野球選手もほとんどの選手はレベルスイングをしていますが、何故大事なのかというところが一番大事なところです。

バッティングというのは「小さいボール」を「細いバット」で当てなければいけませんが、的確にミートしないと球足が早くならなかったり、遠くには飛びません。

的確にミートするためにレベルスイングが必要なんです。

 

何故レベルスイングはミートしやすいのか?

上記の画像をご覧ください。(分かりにくくてすいません(ー ー;)笑)

青線がダウンスイング、赤線がレベルスイング、黄色線がアッパースイング、黒がボールをあらわしています。

ボールを捉えるときにダウンスイングとアッパースイングは「点」で打たなければなりませんがレベルスイングは「面」で捉えることができます。

点で捉えるということは的確に当てれる確率が下がってしまい、面で捉えるということは逆に確率が非常に高くなります。

ですからレベルスイングで打たなければならないのです。

これは小学生、中学生、高校生、大学生でも関係ありません!

 

練習方法

スイングというのは、自分で出来ているつもりでも実際は全然出来ていないという可能性が非常に高いため、人に見てもらいながらや鏡を見ながらの素振りが効果的です。

その他にも小学生には「置きティー(スタンドティー)」と呼ばれる練習法もいいと思います。

 

 

置きティーとは左の画像のものにボールを設置し打つ練習になります。

 

ごく稀に「置きティーは意味がない!」と言っている方もおられますが、スイングの軌道の確認ができる、なかなか優れた野球用品なんです。

 

実際に打ってみれば分かりますが、ダウンスイングやアッパースイングで打つとボールを捉えることができません。

ボールをしっかり面で捉えなければセンター方向にライナーで飛ばせないのです。

 

実はこの置きティーという練習は、2006年WBC日本代表のコーチでもあり2015年プレミア21の投手コーチも務め、現在は侍JAPANのU-15代表の監督でもある「鹿取義隆さん」が実際にU-15でも行っている練習方法なのです。

また、日本ハムファイターズの大谷翔平選手推奨している練習法です。

 

バッティング練習としてではなく、スイングの軌道確認や、捉えるポイントの確認にはうってつけの器具ですので是非使用してみてください。

 

フォロースルー

次はフォロースルーの解説をしていきます。

フォロースルーとはスイングしたあとの最後のバットの位置のことを指しますが、この打った後のフォローも重要になってきます。

というより、それ以前に「正しいスイング」をしていれば大体はしっかりとしたフォロースルーが取れているハズです。

 

それでは何故フォロースルーが大事なのかということですが、それは「遠くに飛ばす、早い打球を打つ」ことに直結しているからです。

フォロースルーは大きくなれば良いのですが、スイングのときに「前が大きい」とフォロースルーが大きくなりやすいのです。

そしてスイングの前が大きいということは、インサイドアウトをしっかりしているからヘッドが走って前が大きくなります。

 

たまにインサイドアウトはできているのに、フォロースルーが小さい人がいますが、そういう人はおそらくインパクトの後に手首に力が入っているのでしょう。

手首に力が入ってしまうと、インパクトの後に手首が折れてしまいフォロースルーが頭の方ではなく、低くなってしまい背中の方にいってしまいます。

そういう人はフォローのときに片手を離してみてもいいかもしれません。

手の力の抜き加減と入れ加減を掴むのにはいい練習になると思います。

 

最後に

レベルスイングとフォロースルーについて解説致しました。

トップの位置からフォローまでのスイングを簡単に説明すると、

 

  1. トップの位置からダウンスイング気味で入り、
  2. ボールの高さまでいってインパクトまでレベルで振り、
  3. 最後はアッパースイング気味でフォローをとる

 

という流れになります。

保護者の方や指導者の方はこのスイングも目標にし、指導してあげてください。

最初は当たらなくても全然いいんです。当たらなくても形を意識させて思い切りふれば子供たちでもだんだん感覚をつかんできます。

まずは基本の形をしっかり覚えさせましょう!

 

Pocket