Pocket

 

 

ここでは正しい投げ方Part.1を解説します。

プロ野球選手を見ても、様々な投げ方やピッチングフォームがあります。

正直大まかに言うと、投げ方というのは「どうでも良い」のです。

(どうでもいいというより目をつむれるに近い。笑)

人それぞれの投げやすさや体の違い(大きさや筋肉量、関節の柔らかさや可動域の違い)があるので一概にこれにしなさい!というフォームはありません。

 

※ Part.1(この記事)とPart.2を両方お読みください。

 

 

しかし、細かな部分を見てみると、いいピッチャーというのはほとんど共通点があるんです。

まさにこの共通点こそが、基本であり、故障防止にも繋がる「理想の投げ方」になります。

この記事ではピッチャーだけに限らず、全てのポジションに共通する「基本的な正しい投げ方」を解説します。

  • テークバックについて
  • アーム投げを直す方法

 

テークバックについて

テークバックというのは、投げるときにボールを持つ手を後ろに引く動作のことです。

 

このテークバックもプロ野球選手の中には様々な種類がありますが、特別「こうしなさい!」というものはありません。

しかし、絶対にしてはいけないことがあります!

テークバックの際、腕を伸ばしてボールを外に向けながら腕を上にあげていくことです。

何故ダメなのかというと次章でも解説しますが、いわゆる「アーム投げ」になってしまいます。

とくに小学生の野球を始めたばかりの子供に多い特徴ですが、ちゃんと原因があります。

ボールを投げる際、ボールを持つ手は下から上へ上がっていきます。

 

※ 良い例(ドジャースの前田健太投手)手の甲から上がっている写真

 

そのときに本来であれば、ボールを持つ手の向きが上記の写真のように「手の甲が上」もしくは「小指から上がる・親指が下向き」状態にしなければいけないのですが、これが、「ボールを外に向けた状態」で腕を上げ投げてしまうとアーム投げになってしまうのです。

ですので、テークバックは動作のではなく、ボールを持つ手の向きを変えてあげてください。

もしくは、説明するときに、テークバックを「手の甲を顔に近づけるイメージでやってみよう」と言ってみてください。

そうすることで、別記事のPart.2で解説する投げる動作で一番大事なトップの位置に繋げることができます。

 

アーム投げを直す方法

皆さんご存じでしょうが、アーム投げは「百害あって一利なし」です。

故障しやすい、コントロールが悪い、など他にもたくさん思いつきますね。

上記でも解説しましたが、アーム投げになる原因は「腕を伸ばして外にボールを向けながら腕を上げていくこと」でした。

ドッチボールを想像してみてください。

ドッチボールで投げる場合のテークバック状態のとき、ボールが上を向き、手は下にありますよね?

ボールを下にして、手を上にすることはほぼ不可能(ボールを掴めない限り)なんです。何故かというとボールが大きいため、手で掴めず落ちてしまうからです。

 ※ 手が下にありボールが上にある図

アーム投げの人はテークバックがこの「ドッチボール投げ」の状態にあります。

 

よくアーム投げを直すとき、指導者や野球経験のある保護者の方は、

 

「テークバックで肘から上げろ!」

「投げるときに肘から出せ!」

という指導をされていると思います。

しかし、そんなことを言ってもアーム投げを直すことはできないんです。というより、子供たちがなかなか理解してくれません。

 

子供たちに説明するときには、

 

「肘から出すんだよ」ではなく、

「肘を曲げたあとに伸ばして投げるんだよ」

と教えてあげた方が分かりやすいと思います。

 

そして、上記で説明したテークバックを行えば、腕は自然とトップの位置に上がっていき、自然と体を回転させて投げることができるのです。

 

野球を始めたばかりの小学生ならクセがついてない分すぐ矯正できるでしょう。

しかし、中学生以上になるとなかなか簡単にはいかないと思うので、すぐにでも指導してあげてください。

クセというのは、月日が経てば経つほど直りにくくなります。

筆者がそうでしたから….涙

 

Part.2に続く…..

※ 投げ方について、非常に重要な項目をPart.2で解説しています。

ぜひご覧ください!!

Pocket