Pocket

配球とリードの組み立てをするときの考え方で、必要な『4つ』の重要な項目を解説していきます。

小学生、中学生、高校生というのは関係なく、誰でも試合のときのリードは、キャッチャーの経験と「引き出し」の量が非常に重要になってきます。

常日頃から「考えている捕手」というのは、この「引き出し」が多くなり、いざという時に臨機応変に対処することができます。

 

しかし、これはキャッチャーだけでなく、ピッチャーも自分で考えられるようになっておかなければなりません。

今回はその「引き出し」『中身』をどのように考えればいいのか?バッターを打ち取るためにどの様な事に注意したり考えていけばいいのか?といったことを解説していきます。

 

キャッチャーの関連の記事はコチラ

 

 

リードに必要な4つのこと

まず、キャッチャーというのは、ただ捕るだけ、後ろに逸らさないだけが仕事ではありません。

『第二の監督』『グラウンド場の監督』といった呼び方をされているように、キャッチャーというのはチームの勝利に向かって、常に先の事を考えて全体を見ていかなければなりません。

その中で「配球の組み立て」や「投手をリードする」というのは一番重要なところなのです。

配球とリードの違いが分からない人はコチラからお読みください。

配球とリードの違いの解説

 

まずはリードをする上で考えるべき項目を大きく4つに分けてみましょう。

  • ピッチャーの状態(その日の調子や課題など)
  • ゲーム展開(イニング、カウント、点差、ランナーの有無など)
  • バッターの特徴(スイングや構え、性格、タイプ、データなど)
  • チームの先の事を考える(次の試合や目指す目標など)

 

以上の4つになります。

それでは以下に一つずつ解説していきます。

 

ピッチャーの状態

まずはピッチャーの状態を知らなければなりません。

状態というのは『その日の調子』のことで、ストレートの球威やキレ、変化球のキレや制球、体のキレや体調など把握しておかなければなりません。

ピッチャーにも好不調の波があり、常に良いボールが投げられるわけではありません。

 

  • 投手は、調子が悪いときにいかにゲームを作れるか?
  • 捕手は、投手の調子が悪いときにどうやって試合を展開させるか?

 

これが一番重要になってきます。

とくに『投手の調子が悪いときほど、捕手の力が問われる』と筆者は考えています。

ピッチャーというのは、調子が悪いときはいくら考えても「使えないボールは使えない」のです。

もちろん投手の状況や課題によっては、自分で立ち直らせることも必要なときもありますが、基本的に「今日はスライダーがキレない」という時は『今日1日はずっとキレない』のです。

それならスライダーを外して決め球やカウントの稼ぎ方を考えないといけないのです。

 

まず常日頃からピッチャーの状態を確認し、ボールを受けただけで『ピッチャーの調子が分かる』くらいにしておかないといけないでしょう。

 

ゲーム展開

次にゲーム展開によってリードの内容を変えること。

 

1回の1アウト満塁と8回の1アウト満塁とでは、同じ点差だったとしても大きくリードする内容が変わってきます。

 

この時に考えることは『何を狙うか?』ということです。

相手の打順にもよりますが、1回の場合にほぼスクイズはないでしょう。とすれば、相手打者はゲッツーを嫌がりますから外野フライ狙いでくると思います。

ここで考えられるリードは『外の変化球で引っ掛けさせる』か『インコースで詰まらせる』などがセオリーになりますね。

 

このようにリードというのは、各バッターによってシナリオを作り、そこから『逆算』で考えて導き出さないといけないのです。

 

そのシナリオを作るにあたって、イニングや点差、カウント、ランナーの有無などの情報は絶対に必要であることは覚えておかなければなりません。

 

もちろんですが、このときのスクイズがないだろう…という考えも、相手チームの情報や各バッターの特徴を知っておかないと、判断ができなくなってしまいます。

 

バッターの特徴

各バッターの特徴を知ることでリードの幅が広がり、非常に有利な展開に持ち込みやすくなります。

そしてこのバッターの特徴に関しては、試合前からある程度は頭に入れておいてほしいところです。

偵察でビデオ撮影など行っていれば情報があるでしょうから、何度も見れば、バッターのスイングや構え、打球の方向、カウント別の打ち方、変化球狙いか真っ直ぐ狙いか、などのことはほとんど分かります。

※偵察で見るべき項目については別記事で解説します。

 

とくに重視して見てもらいたいのは、

  • 打者のトップの位置
  • 打者のスイングの特徴

以上の2つです。

 

これさえ分かれば、だいたい打球が飛ぶ方向が予測できます。

つまりゲッツーが欲しいときに「内野ゴロを打たせる」ことができ、ストレートや変化球などでセカンドやサードなどの「打たせる方向」まで操れるのです。

 

偵察で得た情報があるに越した事はありませんが、全国大会などの場で初めて対戦する県外のチームのときでも打者の「トップの位置」「スイングの特徴」は見れば分かるので、臨機応変に対応できます。

 

 

トップの位置が悪いとどうなるのか?

コチラに解説しています→トップの位置の解説

 

 

先の事を考える

先の事を考えるとはどういう事なのか?

まず、選手には目指すべき大会がそれぞれあると思います。

例えば高校生なら甲子園、中学生ならジャイアンツカップや全中など狙っている(制覇を目指している)大会がありますね。

その大会に合わせたリードのやり方というのもあります。

大事な大会前の練習試合に、敵チームや別パートのチームが偵察に来ていた場合、いつも通りリードしてしまうと色々とバレてしまう可能性があります。

ですから例えば、「コースの制限」「変化球の制限」「サインの出し方」、「牽制のタイミング」などいつも以上に気を使ってやらないといけません。

 

ちなみに筆者はピッチャーでしたが、「インコースは投げない」「変化球は一つのみ」「牽制は一種類だけ」という制限をかけて試合していたときもあります。

それくらい情報というのは大切なのです。

情報を渡してしまえば、相手に準備期間を与えてしまう、つまりそれだけコチラが不利な状況になりやすいということです。

 

偵察を意識してだけでなく、投手に課題を持たせて変化球の一部しか使えないように制限して投げさせるのも良い方法です。

とくに軸になる変化球の調子が悪いときに、「どのように空振りを取るか」「どのようにゲーム展開をするか」は非常に重要になってきます。

 

以上もリードをする上で必要なことです。

 

まとめ

今回はリードについて解説しました。

野球というのは、

キャッチャーがサインを出してピッチャーがボールを投げる。

それによって初めて動き出すわけです。

つまりキャッチャーがサインを出さないと試合は始まりません。

キャッチャーの出すサインでその後の展開が全て決まってしまうくらい、キャッチャーのサイン、即ちリードはとても重要なのです。

 

結果論で語られることが多いリードですが仮に打ち取れても、「今のはこうだったな…」など考えることは絶対必要です。

最初に述べた「引き出し」は、たくさん考えてたくさん打たれて、初めて量が増えていくので、たくさん失敗して少しずつ学んでいくようにしましょう。

 

Pocket