Pocket

捕手のキャッチングの重要性をご紹介します。

キャッチャーというのは、ただピッチャーのボールを捕ればいいというわけではありません。

ただ捕るだけにしても、主審を意識し、ピッチャーを意識しなければならないのです。

今回はそのキャッチングについて解説していきます。

 

 

良いキャッチングとは?

皆さんは良いキャッチングとは?と聞かれて何と答えるでしょうか。

 

筆者が考える良いキャッチングとは、

  • 捕球の際ミットが動かない
  • いい音がなる
  • 主審を味方につける

以上の3つです。

 

ただ「捕る」という一つの作業だけでも、これだけの意味があるのです。

筆者は守備の中でも一番重要であるポジションはキャッチャーだと思っています。

小学生、中学生、高校生など学年は関係なく、強いチームには素晴らしいキャッチャーが必ずいるものです。

キャッチング一つでピッチャーの調子を上げる事ができたり、主審のストライクゾーンを広げる事だって可能なわけです。

 

以上の3つの項目を詳しく見ていきましょう。

 

ミットを動かさない

小学生や中学生によく見られるのが、捕球の際ミットをストライクゾーンまで動かすこと。

おそらくストライクゾーンにミットを持っていき、ストライクを取らせる事が目的なのでしょうが、これは絶対NGです!

高校野球や社会人野球では捕球の際ミットを動かすことが禁じられていますし、審判もそんな事ではダマされません。

そのキャッチングを繰り返す事によって、例え際どいボールが来ても「ミットを動かしている」というイメージがあると審判はストライクを取ってくれません。

それにピッチャー側からしても、ミットを動かされると自分の球が伸びているかキレているかの確認もできないし、あまり気分の良いものではありません。

 

捕球の際は「ミットを動かさずに止める」ことが正しいキャッチングです。

筆者もピッチャーだったのでよく分かりますが、捕球の際キレイにミットが止まっているとボールが伸びているような錯覚に陥り、非常に気持ちがいいのです。

それに、低めのボールなんかはとくに審判にも効果的で、ミットが止まっているとストライクと取られやすくなります。

低めや高めのボールは球威に押されやすくミットが動きがちになってしまいますが、ここをしっかりするだけで、審判のストライクゾーンを広くすることも可能になります。

とくに変化球の場合、ボールの曲がりに合わせてミットを動かしてしまうと捕球の際、確実にミットが動いてしまいます。

その為には、各ピッチャーの変化球の特徴ストレートの特徴などしっかり把握し、なおかつミットを止めるという練習を日頃から繰り返さなければなりません。

日頃のキャッチボールやピッチング練習などの際は常にキャッチングに気を配り、意識をして練習するようにしてください。

 

音をならす

これは皆さんもご存知だとは思いますがしっかり音をならすのも重要になってきます。

ピッチャーとしては良い音がなるだけで「良いボールがいってる」「今日はキレてるのかな」という錯覚に陥り、気持ちがドンドン上がってきます。

筆者は実際に、福岡ソフトバンクホークスのブルペンキャッチャーに球を受けて貰ったことがありますが、メチャクチャ気持ちが良かったです。

 

それに、試合中であれば審判にも非常に効果的で、ストライクと取ってもらえることも多くなります。

 

それくらい「キャッチングの音」というのは重要なのです。

 

キャッチングの練習方法は、「捕る練習」ではなく「ポケット(芯)に当てる練習」から始めましょう!

ミットで掴まず、ポケットに当てることを繰り返すことによって、感覚で「どの辺で捕れば良いな」というのが分かってきます。

 

しかし、キャッチングの音というのは技術だけでなく、ミットの手入れや型作りも影響してきます。

音のならないミットはどれだけ真芯で捕っても「良い音」はなりません。

常日頃からの手入れを欠かさず、しっかりポケットを作るように心がけましょう。

 

主審を味方につける

前述でも何回か述べましたが、キャッチング時に音を鳴らしたり、ミットを止めることにより審判を味方につけることもできます。

ピッチャーのコントロールがどんなに良くても、キャッチャーのキャッチングが悪ければ主審に悪い印象を植え付けてしまい、それだけでストライクゾーンが狭くなってしまうのです。

審判も人間ですから、悪い印象より良い印象を持ってもらうに越した事はありませんよね。

審判の目を誤魔化すことよりも、審判を味方につけられるキャッチャーを目指すことにより、気配りや周りが見えるなどの力も養えるのではないでしょうか。

 

最後に

今回はキャッチングについて解説しました。

ただ捕るだけと考えられていた人はこれをキッカケに是非改めて頂きたいと思います。

もちろん考えを改めただけではキャッチングは良くはなりません!

常日頃から意識を高く持ち、しっかり練習に励んでいれば、必ず向上させることができるのがキャッチングです。

 

センスも天性も関係ありません!

 

誰でも上手になれます!

 

是非、上のレベルを目指して頑張りましょう。

 

Pocket