Pocket

この記事ではキャッチボールについて解説していきます。

別記事では主に上半身の動きについてご紹介しましたが、キャッチボールの考え方、下半身や足の使い方など少し実践に向けた体全体の動きを解説します。

 

※ 別記事をご覧になっていない方は先にコチラをご覧ください。

・ ボールの握り

・ 正しい投げ方を覚える Part.1

・ 正しい投げ方を覚える Part.2

 

 

キャッチボールについて

まず皆さんはキャッチボールについて、どのようなお考えをお持ちでしょうか?

「肩を温める練習」「ウォーミングアップ」などと考えられている指導者や保護者の方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、それは間違っています!!

小学生からプロ野球選手まで全ての野球選手に共通していますが、ボールを持った始めの練習はキャッチボールなんです。

野球経験者や指導者の方は分かるかと思いますが、相手チームのキャッチボールを見ただけで大体「力量」というのが図れます。

もっと奥深くまで言うと「指導者の性格や質」「チームの強さ」まで大体分かるのです。

このキャッチボールだけでも完璧にこなしているチームは「鍛えられてるな」、「細かい野球をしてくるかもしれない」など、試合を始める前から相手にプレッシャーを与えることができます。

それだけにキャッチボールというのは、ただのウォーミングアップに収まりきらない重要な練習” なのです。

これだけはしっかり覚えておいてください。

 

キャッチボールの動き

それでは実際にキャッチボールの動きを解説していきましょう。

上記でも説明しましたが、ウォーミングアップだけに収まりきれない、実践向きのキャッチボールが大事です。

 

止まらずに足を動かす

キャッチボールでまず大事なことは「止まらずに足を動かすこと」です。

ほとんどの人が足が止まったままの状態でキャッチボールを行っていると思います。

実際プロ野球選手でも止まったままキャッチボールをしている人がいますが、それはNGでしょう。

何故止まっていてはいけないのかというと、実際の守備のときに、足を止めた状態で捕る、投げることはありえないのです。

しっかり足を動かして捕球し投げる方向にステップを踏んで投げるハズです。

特に小学生などの小さい子はキャッチボールのときからこの「ステップ」を取り入れてやっていかなければならないと思っています。足を動かすクセを付けるにもちょうどいい動作なのです。

それではどのように動かすのかを解説します。

捕球しながら左足(右投げの場合)から動かしそのままステップして投げるだけです。

これを一連の流れでやるようにしてください。

 

ステップを踏む

キャッチボールのときにステップを踏むというのは基本中の基本です。

ただ、「何故ステップを踏みながら(動きながら)キャッチボールをしなければならないのか?」というところをしっかり子供たちに教えてあげてください。

ただ単に「やれ」と言っても子供たちには届かないし響きません。

それでは何故動きながらなのか?

実際のキャッチボールでも守備でも、ボールが飛んでくるところは正面だけではありません。上、下、右、左、などどこに飛んでくるか分かりませんよね。

ボールの飛んだ方向にしっかり足を動かして正面に入りボールを捕る、という動作を必ずクセづけておかなければなりません。

決して、手を伸ばしただけで捕らないように注意しましょう。

 

相手のどこを狙って投げる?

キャッチボールをするとき、指導者や保護者の方は子供たちに「どこを狙って投げなさい」と指導していますか?

 

おそらくほとんどの人が「相手の胸」だと思います。

その理由は相手が捕りやすいからですよね。

まぁ間違いではないんですが、実は相手の胸より別に投げて欲しいところがあるんです。

それは、「相手の左肩」(相手が右投げの場合)です!

理由は相手が投げやすいからなんです。

正直、胸も左肩もそんなに違いはありませんが、理由が全然違いますよね?

相手が捕りやすいというのは、そのときだけの状況ですが、相手が投げやすいというのは、その次の流れを意識しています。

この記事の最初で、ボールを捕るときは手だけではなく、体を動かしながらステップを踏んでという流れをキャッチボールでやりましょうと解説しましたが、それを前提に置いたのが「左肩に投げる」なのです。

これは筆者の経験です。 筆者が学生のころ、アメリカの大学と交流で合同練習と試合をしたことがありました。そのときに、アメリカの選手はキャッチボールのとき全員動きながら、しかも相手の左肩を狙って投げていました。 選手に聞いてみたところ、小さいころからそういう風に教えられているんだそうです。 日本では「相手の捕りやすいところに投げる」 アメリカでは「相手の投げやすいところに投げる」 小さいようで、大きい意味の違いに本当にビックリさせられた記憶があります。

 

ちなみに、ドミニカ共和国でもアメリカみたいに教えられるそうです。

 

では何故左肩が投げやすいのか?右肩ではないのか?という疑問が湧きます。

その理由は、捕るほうの人は半身になってボールを捕るのです。

分かりやすく言えば、捕る前に投げる方向に左肩を向けて(要は体が横を向く)からボールを捕り、そのままステップを踏んで素早く投げるんです。

ですから、右肩は後ろにいってしまうので狙って投げられないんですね。

 

もちろんこの方法は野球を始めたばかりの小学生や低学年の子にはまだ無理でしょうからしっかり捕ることができるようになってからの話です。

 

最後に

この記事では

  • 体を動かしながら
  • ステップを踏みながら
  • 相手の投げやすいところに投げる

という基本をご紹介しました。

まだキャッチボールに大事な基本がありますので、Part.2の別記事でご紹介いたします

キャッチボール Part.2はコチラ

Pocket