Pocket

 

バッティングの意識と目的について解説していきます。

 

これまでもバッティングの記事ではいくつか意識や目的について触れてきましたが、ここではさらに「なぜこうなのか?」「結果どうなるのか?」などといったことを詳しく解説していきましょう。

 

 

 バッティングの前の基本をご覧になっていない方はコチラからお読みください。

 

バッティング〜フォーム編〜はコチラ

 

 

バッティングの”意識”の基本

皆さんは、選手がバッターボックスに立つときに「何を意識させて」打席に立たせていますか?

もちろん、小学生から高校生によっても違うだろうし、各個人の課題など様々な要因があって意識させる事柄が異なっているのだとは思います。

 

しかし、筆者は根本的な意識の基本はフルスイングをすることだと思っています。

 

指導者やチームの方針によっては、「センター返し」や「逆方向」や「転がすこと」への意識を徹底しているという話をよく耳にしますが、基本中の基本はフルスイングなんです。

 

当てにいくだけのバッティングというのは基本的にありえません。

フルスイングが出来るようになって初めて次のステップに踏めるのです。

 

小学生に限らず中学生や高校生でも、素振りではフルスイング出来ているのに打席に立つと強いスイング」が出来ない!といった選手がたまに見られます。

そういう選手は、まずは結果を求めず、とにかくフルスイングすることを意識して練習から取り組むようにしてください。

 

上のレベルに行けば行くほど、必ず苦労することになります。

 

意識の基本 〜小学生〜

前述でも述べたように基本は「フルスイング」です。

 

フルスイングというのは技術的なこと能力的なことなどは一切関係ありません。ただ思いっきり振ればいいのですから誰でもできます。

小学生はまずこの「フルスイング」を徹底させるようにしてください。

ツーストライクに追い込まれようが、三振しようが、そのフルスイングという「意識」が非常に重要なのです。

 

センター返しや逆方向などはそれからの話です。

 

意識の基本 〜中学生〜

中学生になると変化球も混じり、小学生よりも求められるものが変わってきます。

高校野球生活は実質2年半しかありませんので、中学生時期が高校野球の準備期間であると考えるようにしましょう!

※ もちろん「フルスイング」が出来ている前提の話です!

 

中学生というのは年齢的にも成長期の段階ですので、「急にパワーがついたり」「急に身長が伸びたり」と体の成長が著しい時期です。(成長期については個人差があります!)

フォームが崩れたり、今まで出来ていたものが出来なくなってくる時期が大抵この成長期の時期なのです。

ですので、フルスイングを基本とし、フォームを崩さず安定させる・基本スイング(フォーム)の習得が必須になります。

 

そしてセンター返しや逆方向(流し打ち)といった技術的なことも求められるようになるので、ここで意識を変えて練習に励むようにしましょう。

 

意識の基本 〜高校生〜

高校生になれば個人個人ある程度のクセや特徴が本人も自覚できるようになっているでしょう。

その項目を課題として修正したり、各個人の特徴や持ち味を磨き完成度を高めるのが高校生であると思います。

 

具体的に例をあげれば、

  • 「速いストレートへの対応」
  • 「インコースへの対応」
  • 「肘を抜くやインパクト時の手首の動き」
  • 「芯で捉える確率」

といった具合に意識を高めることが重要になってきます。

 

目標がプロ野球選手や甲子園出場、全国制覇なら尚更です!

 

ゴロ打ち(転がせ)は間違っている!

ファインプレー(巨人、坂本と片岡)

 

よく試合などでバッターに「転がせ!」「叩きつけろ!」「転がせば何かが起きる!」という言葉を耳にしますし、おそらくほとんどの指導者の方がそう指導しているのではないでしょうか?

 

実はこれ、間違っています!

 

確かにゴロを打てば相手は「捕る」「投げる」「ファーストが捕る」という3段階のステップを踏まなければなりませんのでエラーの確率が上がり出塁する確率も増えることになります。

軟式野球の場合は、特に硬式に比べボールが高く跳ねたりイレギュラーしやすかったりするので野手がエラーをする確率が増えるでしょう。

しかしそれはあくまで「試合での戦術面」で得をして大会で勝ち上がれるという結果を得るだけの話であって、実際の各選手たちのバッティングは全く向上しません。

 

つまり、チームの勝ち負けの話だけであって個人の能力アップには繋がらないということです!!

 

 

プロ野球選手や大学リーグでの経験のある方なら分かると思いますが、打者がスランプに陥り調子が悪くなると、ゴロしか打てなくなり、打球が上がらなくなります。(筆者も経験しています!)

無意識の内に上半身に力が入り手をコネてボールの上っ面を叩いてしまったりと、様々な原因はありますが、基本的に悪い状態のときにゴロを量産してしまいます。

 

要はその打ち方を、チームの勝利のためだけに、子供たちに教えているわけです。

 

おかしいと思いませんか?

 

ライナー性の低くて速い打球のゴロならいいのですが、叩きつけるゴロは本当に止めていただきたいです。

次で解説しますが、バッティングの基本的な目的は転がすことではなく、「ヒットを打つ」ことです。

上のレベルに行けばゴロは98%アウトになるわけですから、それならヒットを打てる練習を小学生から心がけましょう。

 

バッティングの目的

前述でも述べましたが、バッティングの最大の目的は基本的には「ヒットを打つ」ことです。

状況によってはチームバッティング(転がす、ライト方向に打つなど)が必要なこともあるかと思いますが、基本的には全てヒットを狙います。

まず、このチームバッティングというのは小学生には必要ありません

 

意識の章でも話した通り「フルスイング」をすることが基本の意識です。

そのフルスイングをする目的はヒットを打つために、「フルスイングして当てる感覚を磨くため」なのです。

 

とにかく叩きつけて相手にエラーしてもらうのを待つのではなく、エラーをさせるような強いゴロを打つ!という認識と練習が重要なのです。

 

この部分を間違えて解釈している方が非常に多いので、もう一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

各個人個人がヒットを打つために何をしなければならないのか?何を意識しなければならないのか?をしっかり考えさせて、指導していくことが上達への一番の近道であると思います。

 

Pocket