Pocket

2017年WBC、侍JAPAN vs キューバ戦の結果と内容、個人成績を詳しくご紹介します。

いよいよ本戦が始まりましたが、強化試合や壮行試合では2勝3敗と思うような結果を残せなかった代表メンバーですが、一次ラウンド突破するのに非常に重要な試合に位置ずけられているキューバ戦はどうだったのでしょうか?

 

今日の先発ピッチャーは、石川 歩投手(千葉ロッテマリーンズ)がかなり前から発表されていました。

 

強化試合でも菅野投手と共に結果を残していた数少ない投手の一人ですので、期待が持てるはずです。

キューバの強力打線にどのように立ち向かうのか…

果たして打線は点を取ることができるのか…

 

2017年WBC各国代表詳細はコチラ

 

2017年WBC大会日程と放送のまとめ

 

2017年WBC侍JAPAN試合結果と内容

<一次ラウンド>

<二次ラウンド>

 

 

試合結果

2017年3月7日(火曜日)

場所:東京ドーム

日本代表 vs キューバ

先発投手=20 石川 歩(千葉ロッテマリーンズ)

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
キューバ 0 0 1 0 0 0 3 2 6  11 3
日本 1 0 0 1 5 0 2 2 ×  11 14 1

 

打者成績

  1. <DH>   山田 哲人(6打数1安打1打点)
  2. <二塁> 菊池 涼介(4打数2安打1打点)
  3. <中堅> 青木 宣親(4打数1安打)
  4. <左翼> 筒香 嘉智(4打数2安打3打点)
  5. <一塁> 中田   翔 (3打数0安打)
  6. <遊撃> 坂本 勇人(4打数2安打1打点)
  7. <右翼> 鈴木 聖也(3打数0安打)
  8. <三塁> 松田 宣浩(5打数4安打4打点)
  9. <捕手> 小林 誠司(3打数2安打1打点)

 

途中、鈴木聖也に変わり代打内川で(1打数0安打)、その内川の変わりに守備でライトに平田が入る。

 

今試合は14安打11得点と、侍JAPANらしいゲーム運びができた。

 

松田に3ラン、筒香に2ランが飛び出し複数安打以上が菊池、筒香、坂本、松田、小林の5人が放っている。

盗塁は3つ、犠打が1つとしっかり繋がる野球ができたことが大きかった。

特に点を取られて流れが傾きかけたときに、チャンスをものにし、得点を取り続けられたことは非常に素晴らしい試合だった。

 

投手成績

  1. 石川  歩  4回58球2安打1三振1四死1失点
  2. 則本  昴大 2 2/3回44球5安打1三振0四死3失点
  3. 岡田 俊哉 1/3回4球0安打1三振0四死0失点
  4. 平野 佳寿 2/3回15球1安打0三振1四死2失点
  5. 秋吉   亮   3/1回5球1安打1三振0四死0失点
  6. 牧田 和久 1回19球2安打1三振1四死0失点

 

先発は石川、4イニングを2安打1失点でゲームを作り先発の役割を十分に果たし、侍JAPANの本戦初勝利に大きく貢献した。

変化球、特にシンカーの制球に苦しんでいたが、それでもしっかりゲームを作るところはさすがである。

 

しかし問題なのはその後のピッチャー陣だ。

6回終了時点でわずか2安打に抑えていたが、7回以降(3イニング)だけで9安打5失点と非常に危ない状況であった。

変化球やストレートの制球が甘く、ボールへの対応が完全ではないのか?それとも単に調子が悪かっただけなのか?先の試合が非常に心配になる内容だった。

 

内容

 

守備面は青木や菊池のファインプレーも飛び出し、1失策は記録したものの安定のある守備は健在だった。

過去のWBC全ての大会で盗塁数は1位を獲得している侍JAPANらしく、今日も中田、坂本、松田が盗塁を記録している。

 

試合総括

 

WBCの本戦で一番重要な試合だと位置ずけられていた一次ラウンドの初戦 vsキューバを勝利で飾ることができました。

とにかく『勝てた』ということが何よりも大きかったですね。

打線は非常に素晴らしく、良い状態で臨めていると思いますが、中田翔と鈴木聖也が無安打なのが少し心配なところです。

 

やはり問題なのは『投手陣』です。

今日の試合で最も考えなければならないのは、日本が14安打11得点を取ったことよりも、11安打6失点喫したことでしょう。

普通の試合なら6失点の時点で大概が負けてしまうような試合の中で、たまたま打撃陣が奮起し勝つことができましたが、石川歩投手以外のピッチャーは非常に内容が厳しかったですね。

 

『打線は水物』ですから、点を取れるときもあれば点を取れないときもあります。

点を取れない試合をどうやって拾っていくかが今後の試合の大きなキーポイントになるでしょう。

 

翌日はオーストラリア戦も控えていますので、短期決戦ですから、とにかく切り替えて選手には頑張ってもらいたいです。

明日も勝てば二次ラウンド進出に大きく前進します。

どんな勝ち方でも良いので、侍JAPAN日本代表を応援しましょう。

 

その他の試合内容はコチラから

2017年WBC 全ての試合結果と内容のまとめ

 

Pocket