Pocket

2017年WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の侍JAPAN,日本代表チーム全試合の結果と内容を詳しくご紹介していきます。

壮行試合から強化試合、一次ラウンド、二次ラウンド、準決勝、決勝と全ての試合をまとめています。

試合の結果だけでなく、各国の選手成績なども含めてまとめていますので是非ご覧ください。

各国代表メンバー詳細

 

 

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

野球のオリンピック以外の世界大会(国際大会)として、2005年5月にMLB機構が発表し発足しました。

 

今大会が4回目であり第一回大会(2006年)、第二回大会(2009年)は日本が優勝、第三回大会(2013年)はドミニカ共和国が優勝しています。

WBC今大会の第四大会目での廃止も検討されていましたが、2017年の初めにMLB機構が「今後も存続していく」ことを表明してます。

 

第二回大会(2009年)までは16ヵ国の出場で本戦のみの大会でしたが、2013年から参加国が28ヵ国に増え、本戦出場を掛けた予選が組まれることになりました。

 

2017年大会

 

予選1組 予選2組 予選3組 予選4組
オーストラリア メキシコ コロンビア ブラジル
ニュージーランド チェコ フランス イギリス
フィリピン ドイツ パナマ イスラエル
南アフリカ ニカラグア スペイン パキスタン
オーストラリア メキシコ コロンビア イスラエル

 

予選は2016年のうちに行われており、オーストラリア、メキシコ、コロンビア、イスラエルが出場権を獲得しています。

予選突破した4ヵ国含む、全16ヵ国で一次ラウンドを争うことになり、3月6日から始まります。

 

 

2017年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の組み合わせと地上波放送予定(テレビ中継)はコチラ!

侍JAPAN 組み合わせとテレビ中継まとめ

 

 

練習試合/壮行試合/強化試合

今回も本戦の前に壮行試合や強化試合が組まれました。

しかし、全体的に調子が上がらず、2勝3敗という結果に終わり不安を残したまま本戦に入ることになりました。

 

<練習試合>

練習試合(オープニングセレモニー)は宮崎での強化合宿中にソフトバンクホークスと対戦しました。

侍JAPAN 練習試合結果と内容

 

<壮行試合>

壮行試合はチャイニーズタイペイ(台湾)の選抜チームとヤフオクドームで2試合、対戦しました。

侍JAPAN 台湾選抜① 試合結果と内容

侍JAPAN 台湾選抜② 試合結果と内容

 

一次ラウンド

会場はpoor Aが韓国、poor Bが日本、poor Cがアメリカ、poor Dがメキシコで行われ各poor4チームの総当たり戦で上位2チームが二次ラウンドへ進出できるようになっています。

 

日本代表と全チームの各個人成績はコチラ

 

poor A(韓国ラウンド)

韓国のソウル/高尺スカイドームでオランダチャイニーズタイペイ(台湾)韓国イスラエルの4ヵ国で争われます。

順位 チーム名
勝数 敗数 得点 失点
1 イスラエル ⚪️4-2  ⚪️15-7  ⚪️2-1 3 0 21 10
2 オランダ ⚫️2-4 ⚪️6-5 ⚪️5-0 2 1 13 9
3 韓 国 ⚫️1-2  ⚫️0-5  ⚪️11-8 1 2 23  29
4 台 湾 ⚫️7-15  ⚫️5-6  ⚫️8-11 0 3 9 18

イスラエルとオランダが二次ラウンド進出決定!(3月8日)

★イスラエルが1位通過、オランダが2位通過が確定!(3月9日)

 

poor B(日本ラウンド)

日本の東京ドームで日本キューバ中国オーストラリアの4ヵ国で争われます。

順位 チーム名 勝数 敗数 得点 失点
1 日 本 ⚪️11-6  ⚪️4-1 ⚪️7-1  3 0 22 8
2 キューバ  ⚫️6-11 ⚪️4-3 ⚪️6-0 2 1 16 14
3 オーストラリア  ⚫️1-4 ⚫️3-4 ⚪️11-0  1 2  15 8
4 中 国  ⚫️1-7 ⚫️0-6  ⚫️0-11 0 3 1 24

★日本が1位通過で二次ラウンド進出決定!(3月9日)

★キューバが2位通過で二次ラウンド進出決定!(3月10日)

 

<1試合目> vs キューバ戦

日本代表 vs キューバ 試合内容と結果

<2試合目> vs オーストラリア戦

日本代表 vs オーストラリア 試合内容と結果

<3試合目> vs 中国戦

日本代表 vs 中国 試合内容と結果

 

poor C(アメリカ ラウンド)

アメリカのマイアミ/マーリンズパークでアメリカドミニカカナダコロンビアの4ヵ国で争われます。

順位 チーム名 勝数 敗数 得点 失点
1 ドミニカ ⚪️7-5 ⚪️7-0 ⚪️9-2  3 0 23 7
2 アメリカ ⚫️5-7 ⚪️3-2  ⚪️8-0 2 1 16 9
3 コロンビア ⚫️0-7 ⚫️2-3 ⚪️4-1 1 2 6 11
4 カナダ ⚫️2-9  ⚫️0-8 ⚫️1-4 0 3 3 2

 

★ドミニカが1位通過、アメリカが2位通過で二次ラウンド進出決定!

 

国別メジャーリーガー出場まとめ

2017年WBC アメリカ代表メンバーまとめ

2017年WBC ドミニカ共和国メンバーまとめ

 

poor D(メキシコ ラウンド)

メキシコのハリスコ/エスタディオ・デ・ベイスボル・チャロス・デ・ハリスコでメキシコプエルトリコベネズエライタリアの4ヵ国で争われます。

順位 チーム名 勝数 敗数 得点 失点
1 プエルトリコ ⚪️11-0 ⚪️9-3 ⚪️9-4 3 0 29 7
2 ベネズエラ ⚫️0-11 ⚪️11-0 ⚫️9-11 1 2 20 22
3 イタリア ⚫️3-9  ⚫️10-11 ⚪️10-9 1 2 23 29
4 メキシコ ⚫️4-9 ⚪️11-9 ⚫️9-10 1 2 24 28

 

★プエルトリコが1位通過で二次ラウンド進出決定!

 

大会規定:当該チーム間の対戦で1イニングにおける失点率が高いチームを最下位で決める。

  • イタリア:20失点 19回 失点率1.053
  • ベネズエラ:19失点 19回 失点率1.105
  • メキシコ:19失点 17回 失点率1.118

上記のため、失点率が一番高いメキシコの敗退が決まり、イタリアvsベネズエラのプレーオフが行われ、勝者がグループ2位となり二次ラウンド進出が決定します。

 

<プレーオフ結果>

イタリア vs ベネズエラ

4-3でベネズエラが勝利。

このため、ベネズエラが2位通過で二次ラウンド進出決定!

 

 

国別メジャーリーガー出場まとめ

2017年WBC プエルトリコ代表メンバーまとめ

2017年WBC ベネズエラ代表メンバーまとめ

 

スポンサードリンク

 

二次ラウンド

二次ラウンドは各プールの代表2ヵ国(上位2ヵ国)が、東京ラウンド(poor E)とアメリカラウンド(poor F)に分かれて行われます。

戦い方は一次ラウンドと同じく総当たり戦の上位2ヵ国が準決勝に進むことができる方式になっています。

投手の球数制限は80球になります。

 

日本代表と全チームの各個人成績はコチラ

 

poor E(東京ラウンド)

日本の東京ドームで、poor Aの1位(イスラエル)、poor Aの2位(オランダ)、poor Bの1位(日本)、poor Bの2位(キューバ)の4ヵ国で争われます。

3月12日(日曜)から。

順位 チーム名 勝数 敗数 得点 失点
1 日 本 ⚪️8-6  ⚪️8-3 ⚪️8-5 3 0 24 14
2 オランダ ⚫️6-8 ⚪️12-2 ⚪️14-1  2 1 32 11
3 イスラエル ⚫️3-8 ⚫️2-12 ⚪️4-1 1 2 9 21
4 キューバ ⚫️5-8 ⚫️1-4 ⚫️1-14 0 3 7 26

 

★日本が1位通過、オランダが2位通過で決勝ラウンド進出決定!

※ 二次ラウンドpoor EのMVPはオランダのバレンティンが獲得。(二次ラウンド成績:打率.615、13打数8安打3本塁打10打点)

 

<一試合目> vs オランダ

日本代表 vs オランダ 試合結果と内容

<二試合目> vs キューバ

日本代表 vs キューバ 試合内容と結果

<三試合目> vs イスラエル

日本代表 vs イスラエル 試合内容と結果

 

poor F(アメリカ ラウンド)

アメリカのペトコ・パークでpoor Cの1位(ドミニカ)、poor Cの2位(アメリカ)、poor Dの1位(プエルトリコ)、poor Dの2位(ベネズエラ)の4ヵ国で争われます。

順位 チーム名 勝数 敗数 得点 失点
1 プエルトリコ ⚪️3-1 ⚪️6-5 ⚪️13-2  3 0 22 8
2 アメリカ ⚫️5-6 ⚪️6-3 ⚪️4-2 2 1 15 11
3 ドミニカ ⚫️1-3  ⚫️3-6 ⚪️3-0 1 2 7 9
4 ベネズエラ  ⚫️2-13 ⚫️2-4 ⚫️0-3 0 3 4 20

★プエルトリコが1位通過で二次ラウンド進出決定!

★アメリカが2位通過で二次ラウンド進出決定!

二次ラウンドp00r FのMVPプエルトリコのヤディアー・モリーナが獲得。

 

 

決勝ラウンド

準決勝からは舞台をアメリカのドジャー・スタジアムに移して二次ラウンドの各poorの上位2位チームがトーナメント方式で争われます。

投手の球数制限は95球に増えます。

メジャーリーグ同様ビデオ判定が可能。(本塁打以外も)

 

決勝ラウンド前の練習試合はコチラ

準決勝直前!!! アリゾナ練習試合情報

 

準決勝(1)

日時:2017年3月20日(月)18時〜 (日本時間21日の10時〜

開催球場:ドジャー・スタジアム

オランダ  vs  プエルトリコ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
  2 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 3 11 0
  2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 12 0

本塁打:バレンティン(1回表2ラン)

    コレア(1回裏2ラン)、リベラ(2回裏ソロ)

 

準決勝(2)

日時:2017月3月21日(火)18時〜(日本時間22日10時〜

開催球場:ドジャー・スタジアム

日 本  vs  アメリカ

 

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
  0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 6 0
  0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 4 1

本塁打:菊池涼介(6回裏ソロ)

バッテリー:菅野智之,千賀,平野,宮西,秋吉  –  小林誠司,炭谷

      ロアーク,ジョーンズ,ミラー,ダイソン,メランソン,ニシェク,グレガーソン  –  ポージー

試合の詳細はコチラ

日本代表 vs アメリカ 試合結果と内容

 

決 勝

日時:2017年3月22日(水)18時から(日本時間23日10時から

開催球場:ドジャー・スタジアム

プエルトリコ vs アメリカ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
  0 0 2 0 2 0 3 1 0 8 13 0
  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1

本塁打:キンズラー(3回表 2ラン)

バッテリー:ストローマン,ダイソン,ニシェク,ロバートソン –  ルクロイ

      ルーゴ,ヒメネス,ベリオス,ロメロ,ブルゴス,クラウディオ,E.パガン – モリーナ

試合の詳細はコチラ

アメリカ vs プエルトリコ 試合結果と内容

 

第4回WBC総まとめ

1位 アメリカ初優勝

2位 プエルトリコ(2大会連続準優勝)

3位 日本、オランダ(両国とも2大会連続の3位)

 

 

個人成績は…

大会MVP ストローマン(初受賞)

 

 その他ベストナインや優秀選手賞などの個人成績受賞者の一覧はコチラ

WBC第4回大会『ベストナイン・優秀選手』一覧

 

Pocket