Pocket

2017年のセンバツ高校野球大会2回戦、大会9日目の試合結果と内容をご紹介していきます。

本日は2試合が予定されており、延長15回の引き分けとなった分の再試合が行われます。

今日でベスト8が全てで揃います。

それでは甲子園9日目の試合と内容をご覧ください。

 

2017年センバツ甲子園情報はコチラ

2017年センバツ甲子園『組合わせと日程』

2017年センバツ甲子園『出場校一覧と概要』

2017年『春の甲子園』センバツ全試合結果まとめ

 

2017年WBCはコチラ

WBC全チームの全試合結果と詳細

 

 

大会第9日目の概要

第9日目の概要をご紹介します。

今日も2試合が予定されています。

 

第一試合:『福岡大大濠(福岡)vs 滋賀学園(滋賀)』

第二試合:『健大高崎(群馬)vs 福井工大福井(福井)』

 

 

福岡大大濠(福岡)vs 滋賀学園(滋賀)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
滋賀 1 1 0 0 1 0 0 0 0 3 7 1
大濠 2 1 0 0 2 0 0 0 × 5 7 0

 

<詳細>

第1試合目は、秀岳館が作新学院を接戦の末に3-2で敗り、準々決勝に進出しました。

秀岳館は1点ビハインドで迎えた4回、山下と田浦の連続タイムリーヒットで逆転に成功します。そして5回にも追加点を加え試合を有利に進めます。

作新学院は8回に1点を取るも、後1本が出ず追いつくことはできませんでした。

 

健大高崎(群馬)vs 福井工大福井(福井)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
福井 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 3 1
健大 4 0 0 6 0 0 0 0 × 10 13 2

 

<詳細>

 

延長15回を戦い引き分けとなった再試合の2試合目は、健大高崎が福井工大福井を10-2の大勝で破りベスト8進出を決めました。

健大高崎は初回に4点の先制に成功すると、4回には山下が今大会2本目となる満塁ホームランを放つなどで6点を追加します。

投げては先発の向井が9回を完投し、170球を放るなど力投して勝利に貢献しました。

福工大福井は向かいの前に散発3安打と打撃も沈黙し、健大高崎に13安打を許すなど攻守に渡って主導権を握られてしまいました。

 

まとめ

本日も熱戦が繰り広げられましたね。

いよいよベスト8が決まり、その中では関西が3校、九州が3校と同地区が固まって進出してきたのが特徴ですね。

 

明日の試合予定は、

  • 履正社(大阪)-  盛岡大付(岩手)
  • 報徳学園(兵庫)-  福岡大大濠(福岡)
  • 健大高崎(群馬)-  秀岳館(熊本)
  • 東海大福岡(福岡)-  大阪桐蔭(大阪)

以上の4試合が予定されています。

この中からベスト4が決まります。

そして福岡大大濠と健大高崎は休養日なしの連続の試合になるので、体調面なども気をつけてほしいところです。

 

高校球児の熱いプレーを皆さんで是非応援していきましょう!

 

 

開催中のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の情報はコチラ

2017年WBC『全試合結果と詳細』

Pocket