Pocket

2017年のセンバツ高校野球大会2回戦、大会6日目の試合結果と内容をご紹介していきます。

 

本日も3試合が予定されており、各地区代表の激戦が予想されており、緊迫した試合が続いています。

 

それでは甲子園6日目の試合と内容をご覧ください。

 

2017年センバツ甲子園情報はコチラ

2017年センバツ甲子園『組合わせと日程』

2017年センバツ甲子園『出場校一覧と概要』

2017年『春の甲子園』センバツ全試合結果まとめ

 

2017年WBCはコチラ

WBC全チームの全試合結果と詳細

 

 

大会第6日目の概要

第6日目の概要をご紹介します。

今日も3試合が予定されています。

 

第一試合:『大阪桐蔭(大阪)vs 宇部鴻城(山口)』

ここから2回戦に突入!

第二試合:『履正社(大阪)vs 呉(広島)』

第三試合:『智弁学園(奈良)vs 盛岡大付(岩手)』

 

 

大阪桐蔭(大阪)vs 宇部鴻城(山口)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
鴻城 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 4
桐蔭 5 1 0 2 2 0 0 1 × 11 9 0

 

<詳細>

優勝候補の大阪桐蔭が11-0という大勝で、初戦を突破しました。

大阪桐蔭は初回に、打者一巡の猛攻を見せ5得点を上げます。

その後も小刻みに得点を重ね、4回には山田の2ランホームランが飛び出しました。

投げては徳山、香川、柿木の3投手で無失点リレーの完封で、2安打に封じ込みました。

宇部鴻城は2安打4失策と攻守に精彩を欠いたかたちとなりました。

 

 

履正社(大阪)vs 呉(広島)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
履正 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 5

 

<詳細>

 

第二試合目は接戦の投手戦の末、1-0で履正社に軍配が上がりました。

履正社は初回、フォアボールのランナーを2塁に置き4番の若林がタイムリーヒットを打ちます。

その後は両チーム得点を許さない、緊迫した投手戦になりました。

履正社先発の武田が2安打に封じ込め完封勝利を上げ、敗れた呉の先発池田も粘り強いピッチングを見せましたが、打線の援護がなく初戦突破はなりませんでした。

 

智弁学園(奈良)vs 盛岡大付(岩手)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
智弁 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 4 0
盛岡 0 0 0 0 0 1 3 1 × 5 9 2

 

<詳細>

春連覇を目指す智弁学園と盛岡大付の試合は、5-1で盛岡大付に軍配が上がりました。

序盤は両チーム得点を許さない緊迫した状況が続いていましたが、6回に大里のタイムリーヒットで均衡を破り、その後はチャンスをものにし続け毎回得点を上げます。

盛岡大付エース三浦端は4安打1失点の完投で、粘る智弁学園を寄せ付けませんでした。

 

 

まとめ

本日も熱戦が繰り広げられましたね。

高校野球というのは、点差が開いても逆転するゲームが非常に多いため見ていても飽きないし何より面白いです。

 

 

明日の試合予定は、

  • 報徳学園(兵庫)-  前橋育英(群馬)
  • 福岡大大濠(福岡)-  滋賀学園(滋賀)
  • 健大高崎(群馬)-  福井工大福井(福井)

以上の3試合が予定されています。

 

高校球児の熱いプレーを皆さんで是非応援していきましょう!

 

 

開催中のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の情報はコチラ

2017年WBC『全試合結果と詳細』

Pocket