Pocket

2017年のセンバツ高校野球大会2回戦、大会10日目の試合結果と内容をご紹介していきます。

本日は4試合が予定されており、各地区代表の激戦が予想されており、緊迫した試合が続いています。

ベスト8が全て出揃い、本日の試合でベスト4が決定します。

 

それでは甲子園10日目の準々決勝の試合と内容をご覧ください。

 

2017年センバツ甲子園情報はコチラ

2017年センバツ甲子園『組合わせと日程』

2017年センバツ甲子園『出場校一覧と概要』

2017年『春の甲子園』センバツ全試合結果まとめ

 

2017年WBCはコチラ

WBC全チームの全試合結果と詳細

 

 

大会第10日目(ベスト8)の概要

第10日目の概要をご紹介します。

今日は4試合が予定されています。

 

第一試合:『盛岡大付(岩手)vs 履正社(大阪)』

第二試合:『報徳学園(兵庫)vs 福岡大大濠(福岡)』

第三試合:『健大高崎(群馬)vs 秀岳館(熊本)』

第四試合:『大阪桐蔭(大阪)vs 東海大福岡(福岡)

 

 

盛岡大付(岩手)vs 履正社(大阪)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
履正 0 0 0 0 5 1 0 0 2 8 13 0
盛岡 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 1

 

<詳細>

第1試合目は履正社が盛岡大付を8-1で破り準決勝に進出しました。

 

序盤は両校どちらも得点を許さない緊迫した展開が続いていましたが、5回に均衡が破れます。

履正社が竹田のタイムリーヒットを含め一挙5得点を奪いビッグイニングを得ます。

その後も6回に安田のタイムリーヒットで1点、9回に片山、西山の連続タイムリーで2点を追加して試合を決めました。

履正社の先発竹田が9回を2安打完投し盛岡大付を寄せ付けませんでした。

破れた盛岡大付は攻撃面も2安打と竹田を攻略できず、中盤以降投手陣が攻略されてしまいました。

 

報徳学園(兵庫)vs 福岡大大濠(福岡)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大濠 0 0 0 0 1 1 1 0 0 3 8 0
報徳 1 0 3 0 2 1 0 1 × 8 12 1

 

<詳細>

第2試合目、報徳学園と福岡大大濠は8-3で報徳学園が勝利しました。

福岡大大濠は、前日エースの三浦が完投していたこともあり、その他投手陣で試合に臨む形となりましたが、強打の報徳学園を押さえ込むことはできませんでした。

試合展開としては、大濠の投手陣が粘ることができなかったなという印象を持ちました。

大濠の監督は、エースの三浦の登板を「疲労が溜まっている、まだ先(夏やその先)があるのだから」という理由で回避していましたが、非常に素晴らしい判断だったと思います。チームの勝利より、選手の体に気を使った考えには拍手を送りたいですね。

 

健大高崎(群馬)vs 秀岳館(熊本)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
秀岳 2 0 1 4 0 1 0 0 1 9 15 1
健高 0 0 0 0 0 1 1 0 0 2 8 0

 

<詳細>

第3試合目、健大高崎と秀岳館の試合は9-2で秀岳館が勝利しました。

秀岳館は初回、木本のツーランホームランで先制に成功します。

その後もチャンスを確実にものにしていき、着実に得点を重ねていきます。

投げては先発の川端が今大会初の9回完投勝利を収め13奪三振を奪う素晴らしいピッチングを披露しました。

対する健大高崎は所々ヒットは出るものの、なかなか繋ぐことができず得点を伸ばすことができませんでした。

 

大阪桐蔭(大阪)vs 東海大福岡(福岡)

<スコア>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
福岡 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 5 1
大阪 0 0 0 0 1 0 2 1 × 4 9 0

 

<詳細>

第4試合目、大阪桐蔭と東海大福岡の試合は大接戦の末、4-2で大阪桐蔭が勝利しました。

序盤はどちらも譲らぬ拮抗した状況が続きましたが、大阪桐蔭は5回に泉口のタイムリーで先制に成功し、7回には山本のタイムリーなどで2点を追加します。投げては先発の徳山が9回を5被安打完投しゲームを作りました。

東海大福岡は粘りの野球を見せ、反撃のチャンスをうかがっていましたが、ギリギリのところであと一歩及びませんでした。

 

まとめ

本日も熱戦が繰り広げられましたね。

 

ついにベスト4が決定しました。

この中から優勝するのはどの高校なのか?

 

明日の準決勝の試合予定は、

  • 履正社(大阪)-  報徳学園(兵庫)
  • 大阪桐蔭(大阪)-  秀岳館(熊本)

以上の2試合が予定されています。

 

高校球児の熱いプレーを皆さんで是非応援していきましょう!

 

 

開催中のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の情報はコチラ

2017年WBC『全試合結果と詳細』

Pocket